多頭飼い

ドッグフードの味は健康的な薄味なのはどうして?

愛犬が普段から美味しそうに食べているドッグフード…一体どのような味がするのだろう?と気になったことのある飼い主さんは多いと思います。
中には、どんな味なのか一粒だけ…なんて、実際に口にしたことがあるという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな風に愛犬のドッグフードを興味本位で口にしたことがある人であればわかると思いますが、ドッグフードは本当に味が感じられないものです。
薄味…というよりも、人間からしたら「全く味がない」というのが本音となるかもしれません。
そのため、「こんなものを食べていて美味しいの?」と愛犬のことが心配になってしまうところですが、決して心配することはないのです。

元々、犬は人間のような味覚を有しているわけではありません。
人間は塩っけや甘さ、からさ、苦さなど、様々な味を感じることができますが、犬はそこまで細かく味を分別できるようにはなっていないのです。
基本的に過敏に感じられるのは甘さくらいと言われています

愛犬にかぼちゃやさつまいもなどを与えて喜ばれた経験がある飼い主さんは多いのではないでしょうか。
その理由は、ここにあったわけですね。

さて、このように、犬は人間のように味を細かく分別できないわけですから、当然ドッグフードにも塩っけを入れるなどの必要はないのです。
むしろ、塩や香辛料などの調味料は犬にとって害となることも多いもの。
このため、ドッグフードには基本的にほとんど味がついていないわけなんですね。

このように、犬たちは味覚で食事をするというわけではありません。
どちらかというと、嗅覚で食事をしているという言い方が近いと言われています。
人間は鼻をつまんだ状態で食事をするとあまり味を感じられなくなりますよね。
そのような状態が犬の味覚に近い…と考えれば良いかもしれません。

犬と人間との感覚は全く別のものです。
人間の感覚で「かわいそうだから…」と言って変な味付けを加えてしまえば、犬の体にどのような害が及ぶかはわかりません。
犬たちには薄味がベスト、と念頭に入れて凝った味付けをしてしまわないようにしていきましょう。
減量犬のためのドッグフードもあります。

Copyright(C) 2013 犬のえさを選ぶ時のポイント All Rights Reserved.