多頭飼い

シニア向けのやわらかいドッグフードでオススメな物とはどんな物ですか?

人間でも、お年寄りに適した食事と若年層に適した食事などのように、年齢別に適した食事の内容というのは異なっていますよね。
それは当然ながら、犬たちの世界でも同じことです。

犬たちは生後1年を過ぎた頃から成犬となり、7歳を過ぎると立派なシニア犬となっていきます。
この頃には、若い頃よりも色々な病気にかかる可能性が高まり、きちんと健康を考えた食事をとらせていくことが重要となってくるのです。
また、胃腸などの消化器官の負担を増やさないようにするために、成犬のときに与えていたようなカリカリのドライフードではなく、できる限り柔らかいフードの方が適していると言えます。

以上の点から、高齢犬にはシニア向けの柔らかいドッグフードがよいということがわかりますね。
では、具体的にどのようなドッグフードが高齢犬用として人気があるのでしょうか。

近年最も人気があるのは、ナチュラルドッグフードというフードです。
このフードには、シニア犬用のものが用意されており、高齢犬には欠かせない栄養素などが配合されています。

高齢犬は少しずつ抵抗力なども落ちていくため、高タンパクの食事が必須になります。
そのため、ナチュラルドッグフードのシニア犬用は、高タンパクの材料を多めに含んでいるのです。

また、成犬と違って動きも少なくなる高齢犬は、太りやすくなってしまうのが難点です。
しかし、シニア犬用のドッグフードであれば低脂肪・低カロリーを基本にされているので、肥満の心配なく与えていくことができるでしょう。

そして、何より注目したいのが柔らかい食感のドッグフードであることです。
高齢犬になってから歯が丈夫なうちはいいですが、いつまでもそうとは限りません。
どうしても歯が弱って硬いものを受け付けられなくなってしまったとき、柔らかいフードであれば安心して与えていくことができるでしょう。

このように、高齢犬のためのドッグフードが充実しているナチュラルドッグフード。
いつまでも健康で長生きをしてもらいたいですから、7歳を超えたらシニア向けのフードに切り替えるようにしていきたいですね。

Copyright(C) 2013 犬のえさを選ぶ時のポイント All Rights Reserved.