多頭飼い

猫が間違えてドッグフードを食べたけど、どうしたらいいですか?

ペットとして非常に人気がある犬と猫を一緒に飼っている、という人もいることでしょう。
そんな環境の中、猫が間違えてドッグフードを食べてしまった!という経験はありませんか?
このような場合、猫は大丈夫なのか…ちょっと心配になりますよね?

多少、食べてしまった程度ならまったく問題はありません。
ドッグフードに即効性で猫に毒性が出るようなものは入っていません。
間違えてちょっと食べてしまった、レベルであればそこまで問題にはなりません。

ですが、継続的に猫にドッグフードを与えるというのは絶対にしてはいけません。
ペットとして人気がある双方ですが、フードを共有する、ということはできないのです。

その理由はそれぞれに必要な栄養素が違うからです。
実は猫にはタウリンがとても重要な栄養素になっています。

このタウリン、猫はすべてキャットフードから得ています。
ですが、犬はタウリンを自力で合成することができてしまうため、フードにはタウリンが含まれていないのです。
つまり、継続的に猫がドッグフードを食べてしまうと、必要なタウリンを摂取することができなくなってしまうのです。
重度のタウリン欠乏症になれば、猫は失明してしまったり拡張性心筋症などの病気にかかってしまうことがあります。

そして逆に犬にキャットフードを食べさせるというのもいけません。
キャットフードは犬にとってプロテインの量が多すぎて、栄養面で偏りが出てくる可能性があります。
肥満などの原因になる可能性もありますので、きちんとドッグフードを与えるようにしましょう。

ペットのフードはそれぞれに必要な栄養素が含まれています。
過多になっていたり、不足していたりすれば、大切な家族であるペットの健康を損なう危険性だってあります。
間違って食べてしまった程度ならいいですが、確信犯で猫に犬用や犬に猫用のフードを与えたりしてはいけません。

長生きをして欲しいと思うなら、ものぐさをせず、それぞれにきちんとした食餌を与えるようにしましょう。

Copyright(C) 2013 犬のえさを選ぶ時のポイント All Rights Reserved.