多頭飼い

ドッグフードをふやかして食べさせても健康上問題ないですか?

ドッグフードといえば基本的に乾燥して固く、カリカリしているドライタイプのものが多いですね。
このように従来は硬い状態となっているドッグフードですが、実はお湯を入れてしばらく置いておくと、半生タイプのように柔らかく食べやすい状態にすることができるようになっています。
しかしここで、「この状態で与えても大丈夫なの?」という疑問を抱く人もいらっしゃるでしょう。
そこで、ここではドライフードをふやかして与えても問題ないかどうかについて、お話していきたいと思います。

結論から言うと、このような状態で与えたとしても何ら問題はありません。
仔犬から愛犬を育てたことがある方であればご存知かもしれませんが、実際に子犬がミルクから離乳食に移ったばかりの頃は、仔犬用のフードをお湯でふにゃふにゃになるまでふやかして与えるのが普通です。
このため、例えば体調が悪い時や消化不良を起こしたりしてしまっている時などは、成犬でもこのような形で与えてあげるのは問題ないでしょう。

特に、犬は人肌程度の温度に温められた食事を好む傾向にあります。
そのため、お湯でふやかしたあとに人肌程度までぬるくなったものを与えて上げることで、食いつきなどがよくなる場合もあるかもしれません。

ただし、ふやかしてフードを与える場合は、最初に熱湯を注ぐことになります。
そのため、フードの熱さには十分注意しなければならないでしょう。
熱湯を注いでからすぐに与えようとしては、愛犬がやけどをしてしまう結果につながります。

熱湯を注いだあとは、十分な温さになるまで様子をみるようにしましょう。
人間の指をフードの中に入れてみて、熱いと感じないレベルになれば与えても大丈夫です。

また、お湯でふやかしたフードは、当然持ちも悪くなります。
愛犬が食べ残してしまった分はそのまま放置したりせずに、すぐに処分するように心がけましょう。
放置したままにしていて時間が経ってから愛犬が食べてしまうと、思わぬ不調を起こす結果となりかねません。

Copyright(C) 2013 犬のえさを選ぶ時のポイント All Rights Reserved.