多頭飼い

ドッグフードのカロリーはどのくらいが一番ベストですか?

人間がカロリーを気にするように、愛犬に与えるご飯のカロリーも気にかけてあげましょう。
ドッグフードのパッケージには必ずカロリー表示がされていますから、そこをチェックすればそのフードがどの程度のカロリーを含んでいるのかがわかると思います。

では、愛犬に与えるドッグフードのカロリーはどのくらいがベストなのでしょうか。

基本的には100gあたり350kcal程度がベストです。
100gあたり500kcalのものなどは明らかに高カロリーすぎます。
よほど栄養が足りていない状況であればそれでもいいのでしょうが、通常の状態であるならば、350kcalで十分です。
もしも愛犬が肥満気味であるならばカロリーが抑えられているライトタイプのものをあげることになりますが、この場合、100gあたり300kcal以下のものがベストでしょう。

一方で介護中、あるいは成長期の子犬が食べる食事というのは高カロリーが基本です。
回復食は栄養をつけさせて、これから元気になるところですし、子犬はどんどん栄養を消費して大きくなっている最中のため、このように設定されています。
何らかの理由により、栄養状態が悪くなっている場合は、こうしたご飯にミルクやパウダーを食事に混ぜてあげるとよいでしょう。

とはいえ、あまりにもカロリーにこだわりすぎるのはよくありません。
人間が行き過ぎたダイエットをすれば、体調を崩してしまうのと同様に、愛犬もなんでもカロリーオフのタイプのものにしてしまったりすると体調を崩す可能性があります。
栄養不足、ストレス過多などになれば、愛犬を苦しめることにもなりかねません。

犬種によって、また個体によって消費できるカロリーというのは異なっています。
消化吸収率も違いますから、安易に低カロリータイプのものばかりを選んではいけません。

ご飯について、何か疑問があるなら、かかりつけの獣医師などに相談してみるのもいいでしょう。
愛犬が毎日、食事が楽しみになるような、そんなご飯を見つけてあげるというのも飼い主の大切な役目なのです。

Copyright(C) 2013 犬のえさを選ぶ時のポイント All Rights Reserved.